Dance in Asia

2015/7:dance in asia [log±in] at Yokohama
映像制作 出演

ダンス・イン・アジアとは 〜矢内原美邦〜】

 振付家としてアジアに興味を持つようになったのはもうずいぶん前のことです。学生時代はアメリカやヨーロッパに留学して、欧米の舞台芸術についていろいろと学びましたが、日本に帰ってきて、それじゃあ自分のルーツであるアジアにはどんなものがあるのかと思って調べても、当時はまだアジアにおける舞台芸術の情報はほとんどありませんでした。たしかにバレエは欧米のものだけど、アジ アにだってもちろんダンスはある。純粋に踊るということを身体表現として活動している人たちがアジアにもたくさんいるはずだ。そう思い立ってから多くのアジアの振付家たちと出会ってきました。
 そんななかで知り合った人たちと始めたのが「ダンスインアジア」 です。
 アジアだから、日本だから、もっといえば自分だからできる表現というものがある。あまり遠くのほうばかり見ずに、まずは自分の 足下にあるものから始めてみよう。そんなふうに身体表現を考えていくべきだとアジアに出会ってからずっと思っています。
 STスポットは私がニブロールをはじめてから最初に単独公演をおこなった場所です。ここからすべてが始まりました。台北、ソウル、 香港、シドニーから招いたアーティストと、これからを担う新しい振付家とともに、盛りだくさんの内容でお送りします!


舞台監督:カミイケタクヤ 照明:高橋啓祐 音響:SKANK/スカンク 制作:STスポット
主催:off-Nibrol 特別協力:急な坂スタジオ
助成:公益財団法人セゾン文化財団
海外作家助成:中華国民(台湾)文化部、台北市文化局、財団法人国家文化芸術基金会、Ausdance NSW

Scroll to top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。